【初心者必見】ダンス初心者が0からダンスを始めるまでの3つのステップ

教室

「これからダンスを始めようと思っているけど、何をすれば良いかわからない」

という方に実戦に入るまでの導入部分をステップごとにわかりやすく解説していきます。

 


1.ダンスの様々なジャンルを知ろう(目標を定める)

2.自分に合った環境を見つける

3.服装はどんなものが最適なのか

4.まとめ


1.ダンスの様々なジャンルを知ろう(目標を定める)

今からダンスを始めようと思っている本当の初心者の方が、まず1番初めに取り組む事は、ダンスの様々なジャンルを知りその中から自分がこんなダンスを踊ってみたいという大まかな目標を定める事です。

何故なら、あなたがダンスのジャンルを知らないまま、ダンス初心者向きのステップなどを実際に踊れるようになったとしても「あなたがどんなダンスを踊りたいか」がイメージできていなければ、目的地を決めないまま車を走らせているに過ぎず、それなりに踊れるようになったとしても、「自分が踊りたかったダンスと違う…。」と後悔しかねないからです。

 

ダンスはジャンルが(ジャンルにもよりますが)異なれば全く別物になります。

例えば、ブレイクダンスの世界チャンピオンがヒップホップを踊った所で、ほとんど素人と変わりません。これは、テニス選手が(ラケットを使う球技だからといって)、バトミントンや卓球が出来ないのと同じ理由です。

ダンスはジャンルが(ジャンルにもよりますが)異なれば全く別物になります。

例えば、ブレイクダンスの世界チャンピオンがヒップホップを踊った所で、ほとんど素人と変わりません。これは、テニス選手が(ラケットを使う球技だからといって)、バトミントンや卓球が出来ないのと同じ理由です。

つまり、ジャンルについて何の知識もイメージもないままでは(ゴールがないまま)、最終的にどこに辿り着くのかわからず、今までやってきた事(経験値)が殆ど意味をなさないため、時間の無駄になってしまうかもしないという事です。

もちろん、ガムシャラに練習を続ける事がダメなわけではありません。たとえ踊れるようになったダンスが、自分のイメージと異なっていたとしても、それまでの練習や経験値が全くの無駄という訳ではないのですが、どうせなら効率良く練習したいですよね。

ですので、まずジャンルなりアーティストなりを見て学び「こんなダンスを踊りたい」というおおまかな目標を定めましょう。

 

この時のポイントとしては、それほど深く考える必要はないという事です。

 

あまり深く考えすぎてしまうとなかなか決めれません。何も初めに踊りたいダンスを決めたからといって、今後別のダンスを踊ってはいけないという事も、ジャンルを1つに絞らなければいけないという事もありません。(実際にダンスを踊っている内に考えが変わってくると言うのはよくある話です)

あくまで、全く違う方向に向かわないためにも今後のおおまかな指針を定めておこうという事です。

 

2.自分に合った環境を見つける

どんなダンスが踊りたいのかを決めたとしても、実際にダンスを学ぶ方法は、ダンススクール独学のどちらかです。(ダンスサークルやストリートダンサーに合流する方法もありますが、これらは幅が広いので今回は省略します。)

★簡潔にそれぞれの特徴を表にしたのが以下のものです。

ダンススクール独学
メリットデメリットメリットデメリット
・上達しやすい・お金がかかる・お金がかからない・上達しにくい
・場所が確保されている・時間を確保する必要がある・自分がやりたい時間にできる・場所を確保する必要がある
・仲間ができることによるモチベーションの上昇・人間関係に悩まされる可能性がある・人間関係で迷う必要はない・孤独によるモチベーションの低下

 

もしあなたが、手っ取り早く上達したいor仲間が欲しいのであれば、ダンススクールに入ることをオススメしますが、自分のペースで上達できれば良いor人間関係に悩まされたくないのであれば、独学がオススメです。

つまり、どちらの環境があなたに適しているかは一概に言えず、どちらも一長一短です。

ですので、自分の状況に適しているのがスクールに入ることなのか、独学で学ぶことなのかをよく検討した上で決定してください。

どちらにするか決められないという方のために、少し提案すると「一度近くのスクールに体験してから決める」「ある程度上達するまでは独学で学ぶ」等がいいよ〜!!
3.服装はどんなものが最適なのか

ダンス初心者の方はダンスをする際の服装で迷ってしまうかもしれません。

結論から言ってしまうと、動きやすい服装なら高校のジャージでも何でも構いません。

 

しかし、これからダンスを始めようという方が高校のジャージではあまりモチベーションが上がりませんよね。また、自宅で練習するのであればいいですが、人前で踊るのであれば高校のジャージはやはりカッコ悪いですよね。

 

そこで初心者の方におすすめの組み合わせを紹介します。

それは、Tシャツ×スウェット(ジャージ)×スニーカーです。

 

もちろん、年齢やダンスのジャンルにもよりますが、基本は(特殊なジャンルを選択しない限り)このTシャツ×スウェット×スニーカーで間違いありません。

 

女性であれば、ショート丈のヘソだしルックやレギンスでもOKですし、男性であればビックシルエットTシャツや少しダボっとしたスタイルでもOKです。

手持ちのものがあるのであれば、それで間に合わせても構いませんが、これを機に新調してみるのもモチベーションが上がっていいかもしれませんね。

4.まとめ

●まずはダンスのジャンルを学び、踊って見たい曲やジャンルを決めよう

●あまり深く考えすぎると決められないので、あくまで今後の目安程度に

●ダンススクールと独学のメリット・デメリットを考えた上でどちらがいいのか選ぶ

●決められないのであれば、「ある程度上達するまでは独学」「一度近くのダンススクールを体験してから考える」などでもOK

●服装は動きやすいものなら何でもOK

●見栄えを考慮するならTシャツ×スウェット×スニーカーがおすすめ

 

 

いかがでしょうか??参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました