ダンスでスタイルをよく見せるパンツ(ボトムス)ブランド8選

教室

今回は、ダンスを踊る際にスタイルがよく見えてかっこいいパンツ(ボトムス)のブランドをジョガーパンツ中心に紹介していきます。

また、今回紹介するパンツ(ボトムス)のブランドは、これらを兼ね備えたものです。

  • 最低限の機能性
  • デカデカとブランドロゴがあるものはNG
  • シンプルで上質
  • 細身でスタイルがよく見える
  • 普段使いもできる
  • 1万〜4万程度

加えて、ジョガーパンツ(スウェット)に力を入れているブランドを中心に紹介しています。

JOHN ELLIOTT(ジョンエリオット)


2012年アメリカ生まれのブランド。

スウェット素材を用いたスポーティーなアイテム(トレーナー・パーカー・ジョガーパンツ)などを多く展開しています。

ブランドロゴを打ち出さず、洗練されたシルエットで、デザインもシンプルかつオーセンティックなため、抜群の使い勝手です。

参考価格 2万〜3万

SOLIDO(ソリード)


2010年イタリア生まれのブランド。

日本とイタリアのコラボによって誕生したパンツ中心のブランドなため、インポートブランドにありがちな(足が長すぎて)フィットしないという事もありません。

ジャケットに合わせても違和感のないデザインにも関わらず、超快適な履き心地で「Dカン」がブランドのアイコンです。

参考価格 2万〜3万

1PIU1UGUALE3(ウノピゥウノウグァーレトレ)


2012年日本生まれのブランド。

「wjk」の創立メンバーにして、「AKM」を手掛ける小澤智弘氏のプライベートブランド。シンプルなものからデザイン性の高いものまで取り扱いあり。

全体的にかなり細身のシルエットで、ハマる人にはハマるデザインのブランドです。

参考価格 1.5万〜2万

mey story(マイストーリー)


1928年ドイツ生まれのブランド。

創業90年以上の老舗で、カットソーを中心に展開しており、取り扱いは少なめですが、実はスウェットも極上品質です。

デザインがシンプルで、シルエットも太すぎず細すぎないため、時代や年代を問わず愛されるブランドです。

参考価格 3万〜4万

LOOK SEA(ルクシー)


2017年アメリカ生まれのブランド。

シルク素材を用いたルームウェアを中心に展開しているブランドで、西海岸風のリラックスした雰囲気が特徴。

シルエットは、太ももから徐々に細くなっていく細身のテーパードですが、他の一般的なテーパードパンツよりも太もも部分のゆとりが大きめです。

参考価格 3万〜4万

Ron Herman(ロンハーマン)


1976年アメリカ生まれのブランド。

ロンハーマンはセレクトショップなので、他ブランドの取り扱っていますが、オリジナルブランドも多数展開している人気のブランドです。

西海岸風のリラックスしたアイテムを多く展開しているため、スウェット系・パーカー系。デニム系は特にオススメです。

参考価格 1.5万〜3万

MXP(エムエックスピー)


2010年日本生まれのブランド。

宇宙下着の最新鋭の技術を応用し作られたウェアブランドで、消臭効果のある「マキシフレッシュプラス」を素材として用いています。

機能的なだけではなく、今風の細身パンツでデザインもシンプルなため普段使いもできます。

参考価格 1.5万〜2.5万

Champion(チャンピオン)


1919年アメリカ生まれのブランド。

スウェットの原点にして「キング・
オブ・スウェット」と呼ばれるチャンピオンのリバースウィーブの安定感は、今更説明するまでもありません。

他ブランドとのコラボ商品など多数のスウェットがありますが、細身で裾リブ仕様のものを選んでおけば間違い無いでしょう。

参考価格 5千円〜1.5万

まとめ

いかがでしたか。

スポーツジャージもいいですが、スウェットなのにお洒落なパンツでダンスをするのもかっこいいですよね!

普段のファッションにも馴染みやすいのは「ソリード」ですが、ダンスはとにかく汗をかきやすいので、消臭機能のついた「MXP」もオススメです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました